044-959-3136
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝日

事前予約で時間外対応可能

家族信託/司法書士栗原事務所

司法書士栗原事務所 > 家族信託

家族信託に関する基礎知識や事例

ここでは家族信託の基本的な仕組みについて見ていきましょう。

家族信託における登場人物は、委託者、受託者、受益者の3人です。

・委託者:財産の所有者で、受託者に財産の管理・処分をゆだねる。
・受託者:委託者から財産を引き受け、受益者のために財産を管理する。
・受益者:受託者を指示・監督し、財産管理によって得られる利益を受ける。

家族信託は、委託者が遺言や信託契約によって、受託者に財産の管理・処分を与え、その財産管理によって受益者に収益を得られるようにする、という仕組みです。もちろん、委託者自身や、受託者も受益者になることができます(ただし、単独の受託者が、単独の受益者になった場合は1年間のみ(信託法163条2号))。

家族信託のメリットは、

①遺言や成年後見制度よりも柔軟な対応ができる
家族信託は、委託者がご存命の間でも利用でき、また委託者の意思通りの財産管理が行われやすいという点で、遺言よりも優れています。また、財産管理方法を柔軟に決めることができる点で、成年後見制度よりも優れています。

②認知症対策、相続対策に有効
家族信託は、委託者が元気なうちから利用することができるため、委託者が認知症などで判断能力が落ちたときでも、財産をしっかり手元に留めておくことができます。また、生前贈与と比べて税金の負担が軽く、相続対策としても有効です。

③事業承継対策としても有効
「今の事業を子どもに継がせたい!」と考えているならば、家族信託による事業承継を行うのもよいでしょう。従来の事業承継方法である、生前贈与、遺言、売買よりも柔軟に事業を引き継がせることができます。

など、様々です。ただし、家族信託は新しい制度なので、司法書士や弁護士などの法律専門家でも制度内容を十分に理解していないことが少なくありません。家族信託を利用しようと考えている方は、家族信託について豊富な知識・経験がある専門家に依頼するようにしましょう。

当事務所は、川崎市、稲城市、町田市、世田谷区を中心に、一都三県で幅広いリーガル・サービスを提供しています。

家族信託や、相続・遺言、会社・法人登記、不動産登記、離婚、成年後見、消費者問題など、様々な法律問題について豊富な解決実績があり、わかりやすく丁寧な相談対応を心がけています。

無料相談も実施しているので、お悩み・お困りの際は、当事務所までお尋ね下さい。

  • 家族信託とは

    家族信託は財産管理や遺産承継の手段として、これまでの制度では不可能だったことを成し遂げるツールとして近年注目されています。なぜ近年注目を集めているかというと、家族信託自体が平成19年に施行された改正信託法によって本格的に […]

  • 受託者と受益者とは

    家族信託にはいくつかの登場人物が存在しています。その中でも重要なのが受託者と受益者です。両者は家族信託においてどのような役割を果たすのでしょうか。 ・受託者受託者は委託者から財産を託され、管理運用する人物のこと […]

  • 遺言信託と家族信託の違い

    遺言信託と家族信託を利用した遺言の代替手段、いわゆる遺言代用信託は全く別のものと考えて問題ありません。 遺言信託はまず前提として従来の遺言の制度と変わるものではありません。遺言を信託銀行などのサポートの下で作成 […]

  • 自己信託(信託宣言)

    自己信託は委託者、受託者、受益者が1人の人物に集約されている信託で改正信託法が施行されたことによって活用できるようになった制度です。この制度を活用することによって財産の分別や適当な受託者が見つかった際にスムーズな信託を行 […]

  • 商事信託と家族信託の比較

    商事信託と家族信託ではいくつかの点で異なっています。それぞれにメリット、デメリットが存在するため目的に応じた使い分けが必要です。 ・商事信託商事信託では信託銀行の様なプロに対して財産を託し管理運用してもらいます […]

  • 認知症対策と家族信託

    家族信託の活用が期待されているのはこの認知症対策の分野です。従来このような認知症対策は主に成年後見制度を活用することが一般的でした。しかし、成年後見制度は被後見人を守るという考えがあまりにも強く結果として何もできなくなる […]

  • 相続税対策と家族信託

    家族信託では従来の制度を利用し所有権の移転を行うなどといったものとは異なり、受益権の移転などが行われます。しかし税法の考えではこれらの区別は行われず、相続税はかかることになります。基本的には家族信託そのものが相続税対策に […]

  • 家族信託の手続きと流れ

    家族信託の主な流れは以下の通りです。 ・事前相談信託の相談ではなく、問題や何をした以下の相談を行います。家族信託の活用前提ではなく、成し遂げたいことを把握し最適なものを選択します。 ・見積設計に入る前 […]

  • 成年後見制度と家族信託の違い

    成年後見制度は認知症等の病気や障害などによって自身で財産管理などを行うのが難しい方を支援する仕組みです。成年後見制度を利用した場合には財産の管理や身上監護を行うことができ、被後見人の支援に有効な手段となっていました。しか […]

  • 法定後見の問題点

    遺産分割協議を行う際に、相続人に一人でも未成年者や精神疾患等で意思能力が欠如している者がいれば、成年後見人を付ける必要があります。また、高齢者で自信で適切な判断ができず法律行為ができない場合には、その人に代わって法律行為 […]



司法書士栗原事務所が提供する基礎知識

  • 所有権保存登記

    不動産を所有したり担保を設定するときには登記をすることが一般的になります。その登記の中でも、例えば新築住宅を建てたときは...

  • 建物滅失登記

    建物滅失登記とは、文字通り建物を取り壊した際に行う登記です。そもそも登記とは、土地や建物などの不動産の権利情報を法務省に...

  • 家族信託の手続きと流れ

    家族信託の主な流れは以下の通りです。 ・事前相談信託の相談ではなく、問題や何をした以下の相談を行います。家族信...

  • 相続人調査

    相続が始まり、いざ遺産を分割しようというときに誰が相続人なのかを確定させることが必要です。今回は相続人を特定するための相...

  • 不動産のみの遺産分割協議...

    遺産分割協議書は、相続人全員で遺産の分割方法を話し合った場合に、その内容を書面に書き記したものをいいます。そのため、単独...

  • 家族信託でかかる費用

    家族信託とは、自分(委託者)の財産を家族や親族の他の誰か(受託者)に委託することをいいます。委託することで、受託者による...

  • 遺産分割協議書の作成

    相続が始まりいざ相続人の間で遺産を分割する際に必要になってくるのが遺産分割協議書です。今回は、⑴遺産分割協議書の目的、⑵...

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言とは、遺言者が公証役場に出向き、遺言の内容を公証人に口頭で伝え、それに従って公証人に作成してもらうものをいい...

  • 【司法書士が解説】連絡が...

    人が亡くなると、相続が開始されます。相続人は被相続人(亡くなられた方)の権利や義務の一切を承継します。例えば、被相続人の...

  • 成年後見制度と家族信託の...

    成年後見制度は認知症等の病気や障害などによって自身で財産管理などを行うのが難しい方を支援する仕組みです。成年後見制度を利...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

司法書士
栗原 博延(くりはら ひろのぶ)
ご挨拶
新百合ヶ丘駅から歩いて3分の司法書士事務所です。地元に密着して20年、相続登記や不動産登記、会社設立など、身近な司法書士としてお役に立ちます。ご自宅などへの出張も承っています。ご予約はお早めにどうぞ!!初回ご相談無料ですのでお気軽にご相談ください。
経歴

1971年生まれ

大学在学中、司法書士を目指し、1994年司法書士資格取得

1998年 栗原博延司法書士事務所 開設

所属

神奈川県司法書士会

事務所概要

名称 司法書士栗原事務所
所属 神奈川県司法書士会
代表者 栗原 博延(くりはら ひろのぶ)
所在地 〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1丁目8-1-402
電話番号/FAX番号 TEL 044-959-3136 / FAX 044-959-3137
アクセス 小田急線・新百合ヶ丘駅北口徒歩3分 横山ビル402
対応時間 平日 9:00~18:00 ※事前予約で時間外対応可能
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ